Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘・炭、天火、TLUDストーブ’ Category

七輪に天火オーブンを直乗せして、ピザを焼いてみました

右下の黄色いものが簡易天火オーブンの四角いカバーで、
この中を熱風が対流します

IMG_2931

畑で摘んだばかりのルッコラのつぼみと蒸しカボチャ、チーズを散らして。
ピザクラフトは岩手の地粉に自家製酵母です。

黒胡椒とタイムを練りこんでみました

上に焦げ目こそつきませんが、
もっちりカリカリに焼けましたよー♪

電気やガスのオーブンがなくても楽しい10A(アンペア)生活です

Read Full Post »

1

小型でまるっこいサロンストーブに、
鳥かごみたいな愛らしいストーブガード

この二つは別々のルートで入手したのですが、サイズもばっちり合って店主ご満悦です

サロンストーブには木炭を入れて使います
以前ブログでご紹介しました

ストーブガード単体で、観葉植物を中に入れてもいいですし
もう少し大きかったら移動式鳥かごに使えるなぁ、、なんて思いました

パーマカルチャーで言うところの「チキントラクター」というもので、

草刈りしつつ、耕しつつ、ケイフンも補給しつつ
畑の敷地内をあちこち移動させて使うニワトリ(チャボ)の家です

レトロな道具は使い道をいろいろ考えるのも楽しいですよね

Read Full Post »

うーさむ
桜も満開だと言うのに、まだ炭コタツがしまえません

a0

これは火消し壺です

a1

Read Full Post »

先日の市で皆勤賞をもらってきたという店主

また妙なものを仕入れて来ました

その名もサロンストーブ、パリ型
緑色のドームがおしゃれ・・?

0

用途としては中に炭や豆炭を仕込んで暖をとる.
スライドして火力調節ができ、
コンパクトでおしゃれに鍋をかけたりもできるよ、ということのようです

2

かなり退色していますがパッケージ付き 未使用のようです

<寒さ知らずとすきやき鍋?に> 
<サロン ストーブ>
<巴里型 料理兼用器附>  

このコピーセンス!なんとはなしに郷愁を誘われます♪

1

Read Full Post »

パカン! 薪割りの、決定的瞬間です

(アンリ・カルティエ=ブレッソン・・・)

00

斧の杖がぐわんと曲がっているのは、表現的技巧ではなく物理的に、です

Read Full Post »

久しぶりにTLUDストーブへ着火

a00

勢いよく炎が上がっていましたが・・・(左の銀紙はお芋.)

a0

燃やす材をぎっしり詰め込みすぎたため、
中盤あたりから酸素の通り道がなくなって
猛烈にケムリが出て来ちゃいました

欲張りすぎはいけませんね!反省!

a1

もうひとつのお楽しみ、
古い道具を試してみようシリーズ ~おせんべい焼き編~

鉄製のなかなか重い道具

これでそば粉のクッキーを作ってみます

a2

ぱったんと挟み込んで両面くるくるひっくり返して焼ける
優れ物です

a5

ぎゅっと焼き締まり、カリカリ香ばしく焼けました

a7

もうひとかけ.

a6

Read Full Post »

久しぶりにTLUDストーブに着火.
炭コタツ用の木炭を作りながら、ごはんも炊いてしまおうという目論見です

DSCN7721

TLUDストーブは煙を出さずに炭が作れて、その上強い火力が特徴です

圧力鍋で玄米小豆ごはんを一升炊いて、さらにお湯も沸かせました.

途中で上から小枝を投入して、火力アップさせる技も発見?しました
ケムリが二次燃焼するという仕組みのようで、
ふつうに薪として焚き火にくべるよりも格段に大きな炎が上がります

そして、
このTLUDストーブでは消し炭(ケシズミ)と炭の中間くらいの
ほどよい固さの炭が残ります.

このTLUD炭はわりと簡単に火がつくので
早くあたためたい炭こたつや火鉢などにはとても重宝します

いわゆる備長炭のような、高温で焼き締める本格的な炭は
着火まで時間がかかるのが難.

その分持ちは良いので、よく熾った炭床に後から継ぎ足して
じんわり着火させるといい感じです

Read Full Post »

Older Posts »