Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘5 弥哉の その日暮らし’ Category

今年は3つのビンになりました
全部梅干し~

左の2ビン、梅酢がちょっと赤っぽいのは、呼び水的に去年の梅酢を少し足したからです。
ホントは透明。
毎日ビンをくるくる回して、カビがこないように上の方の梅まで
まんべんなく梅酢にくぐらせてあげます
すると底にたまっている塩も溶けてきます
長期保存できるように17~18%の塩分です

そうそう土用干しのタイミングについて書くのでした

梅雨前線でうんざりするくらい雨が続いて、
雨、雨、雨、そのまた雨、の後、よーやく晴れたよ!という日.
そんな日がやってきたらすかさず朝からザルを広げて干すのがおすすめです
梅雨明け宣言とか土用とか関係なく。

長雨のあとの日差しは強烈で、大抵は雲ひとつ無いピーカン照り!
気温もぐんぐん上がる真夏日が二日は続きます。

ここを逃すと、意外と午後から曇り空だったり、再び雨模様が忍び寄ってきたり、
あやしいお天気になることが多いようです

広告

Read Full Post »

このところ店主のまじめな投稿が続いているので、(画像アップにおける諸般の事情で)
閑話休題。

入梅は梅しごとの始まりです
あの黄色く熟したほんわ~か甘い香り、あんなに酸っぱくて毒なのにどうしてあんなに魅惑的?
1年のうち今だけかげる幸せな香りですねぇ

わたしの梅干し作りの師匠が申しますには
木の枝で熟して、時が満ちて自然に草の上に ぽとん と落ちた「落ち梅」が、
最も梅酢が上がりやすく 皮も薄く実もやわらかい極上の梅干しになるのじゃ!
と、いうことです

だから朝靄の中 梅の木の元へ日参し、その日に拾えた分の完熟落ち梅を
塩と合わせて都度都度カメへ足していくのが理想だそうです

梅はアスファルトや砂利の上に落ちるとヒビが入って割れてしまうんですよー
もったいない
柔らかい草でおおわれていて欲しい
そんなふうに毎朝落ち梅ひろいができる自分の梅の木があると素敵ですね(ない。)

2013年につけた梅干しが残り10粒ほどとなりました
量は変動しつつも毎年手に入ったもので漬けているので
そろそろ2014年が解禁です

今年は栗栖で1センチほどの小梅ちゃんも拾わせてもらったので
やっぱりこれも梅干しに漬けます

土用干しのタイミングについてはまた後日

Read Full Post »

今年も行って来ました、いのちの種祭り。

自分の畑で採ったタネ、昔からある在来種、固定種のタネを皆で持ち寄って
じゆうに物々交換したり一袋ひゃくえんで売ったりする楽しいお祭りです

毎年春分の日の近くにあるので
珍しい種や、土を耕す仲間がたくさんいることに触発されつつ
いよいよ畑が始動するかぁ~と
やる気にさせてくれるお祭りです

今年は入り口で、各バンドのオリジナルたね歌の歌詞が配られました
帰ってきてそれをぼんやり眺めていたら、なんだか壮大ないのちと種と 種をめぐるいとなみに
感動してしまいました

 種はいのち、いのちには みんな種がある
 君は種、ぼくも種
 いのちには みんな みんな 種があるよ 

って。

Read Full Post »

今年も味噌づくりの季節がやってまいりましたーー

急ですが、明日14日の午前中、味噌と甘酒用の米麹をつくりはじめます

見学や子守り要員大歓迎ですので、

麹づくりに興味のある方は直接弥哉へお越しください♪

明日すること:

庭の簡易かまどで40分くらいお米を蒸して、適温に冷ましてから種付け、引き込み、保温までをします。多分10時くらいから。

・・セイロのついでにお昼のおこわを蒸します♪ 美味しいよ

・・・ついでにロケットストーブで酵素玄米を炊きます。

 

今回の麹は、福井のマルカワ味噌さんの有機玄米麹が手に入ったので

こちらを種として「共麹法」で醸します

マルカワさんの蔵付き天然麹菌ですので、風味豊かに仕上がるかなあと楽しみです^^

麹の出来上がりは、3日後くらい?

甘酒をつくってみて出来を確かめます

 

麹のできる前日に大豆を蒸して潰しておきます。これは木曜日くらいの予定

大豆を蒸しあげるのには時間がかかります。こちらも人手を絶賛募集中。

長丁場なので、火を焚きながら色々とおやつを仕込む予定です♪

蒸しパン、プリン、肉まん・・・どうしようかなぁ

Read Full Post »

あっという間に生まれて半年、おむつなし育児のご報告です.

このところ外出先のトイレでもおしっこしてくれるようになりました

 

大人用の便座の上でささげ持って、

「はい、ちーちー」「ちーちーしていいよー」と呼びかけると

待っていたように ちゃーっと応えてくれます

(もちろん彼女がしたい時は、ですが)

初めて行ったカフェで、スーパーで、面白いように成功するのでこちらがびっくり

こうなるとわざわざおまる持ち歩かなくていいんだなあ・・

 

ご近所の散歩や買い物程度なら、サイフと予備の布オムツ1枚持つだけで

気軽に行けるようになりました

 

こう書くと順調そのものな育児模様っぽいですが

相変わらず夜の1~2時間細切れ睡眠は続いていて、

夜泣きや寝返り泣き(うつ伏せになって戻れない)も入り複雑になってきました

体が慣れたのかさほど辛くないのが救いです

(でもやっぱり頭痛が出ました 寝よう寝よう)

これからはねんねトレーニングが課題です

 

そうそう、お祝いでいただいたウールパンツ、(ディザナのウールソーカー

オムツカバーとアウターを兼ねて使えて毎日とっても活躍しています

シックなグレーも素敵☆

じゃんぼさんみつ子さんありがとう♪

 

 

 

 

Read Full Post »

夏くらいから甘酒の消費が激しくなったので
いっそ自宅で作ろうという話になり
シャトルシェフと甘酒生活を楽しんでおります

最初のもち米を炊くところからシャトルシェフにお任せしたら、すっごく楽!
お粥で良いので保温放置しておけばできちゃうのです

麹を入れたら、酵素の活性が失われる70℃を激しく超えないように
温度管理にだけ気をつければ失敗しません
週イチのルーチンでたっぷり甘酒が使い放題~♪

できた甘酒は最初にまとめてミキサーにかけておくと口当たり良く
料理にもお菓子にもパン種にも、何にでも使いまわせます

最近のブームは豆乳ヨーグルトにかけて朝食.
フルーツ入れたり、スムージーもおいしいです

生麹は500gづつ袋に小分けにして冷凍保存し、
毎回もち米4合:生麹500gで甘酒にしています

麹がいっぱいあると塩麹&しょうゆ麹も常備するようになり、
毎日の食卓が発酵モノで占めるようになりました

★ 浅野や @美濃加茂市
 ここは好みのお米を精米して持ち込むと麹にしてくれるお味噌やさん 
 加工代だけで大っ変リーズナブルです。
 もちろんできあがった麹を買うこともできます ^^
(出麹の日は決まっているので、要予約)
 

Read Full Post »

わが子で実践(実験)中のおむつなし育児
「おむつなし」と言っても、ちゃんとおむつは使ってます

紙でも布でも、おむつは大変便利なものです

ただ、便利に使わせてもらいつつも、
おむつの便利さに「頼り切らない」という心持ちがポイントなのかなーと思います

おしもを不快な状態のままにさせたくないし、
なるべくなら 出す前に気付いてあげたい.
言葉にならない排泄欲求サインをすくい取ってあげるということ.

赤ん坊のお尻はツルツル柔らかくて気持ちいいのでずっと触っていたい感じですが、
まあそこはそれ

なんと、おむつなし育児はそのまま
おむつに頼らない介護、 にも繋がっていくらしいのです

基本は人に寄り添う と いうことですよね

三砂ちづる先生が言ってました
自分の身に置き換えて考えてみよと.

肌に何かがぴったりくっついた状態で排泄するのはかなり勇気がいる・・というか嫌だ・・
ぴゃっ!となって途中でやめちゃうかも.

私たちが普段トイレで何気なくしているように、
何もない空間に排泄する、お尻を汚さない、という
あたりまえのようで一番気持ちのいいことを、
 生まれたばかりの人にも、
 体の自由がきかなくなった人にも.

できるならば.

Read Full Post »

Older Posts »