Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘・糸車、茶道具’ Category

機織(はたおり)の時の道具、古い座繰り機(ざぐりき)です

糸枠をセットしてハンドルをくるくる回し、糸を巻き取るのに使います

9

木製台に木のハンドル、歯車や支柱は金属製でかなりしっかりした作りです

6

ごくシンプルなのですが、微妙にかっこいい・・・ですよね
当然マイナスネジ♪

1

Read Full Post »

お煎茶で使う錫製の茶托です

わりと大きめのたっぷりしたサイズ.
美しく羽を広げたコウモリが四羽、まるで花のように輪になって描かれています

b1

中国ではコウモリ(蝙蝠)の音が福に通じるそうで、とても縁起のよい動物.

コウモリが家に入ってきたり巣を作ったりすると
その家族がとても裕福になると言われています

日本でも、子宝に恵まれるというイメージで昔からめでたい存在として親しまれてきました 
歌舞伎役者の衣装になったり、江戸小紋にもコウモリ柄ってありますね

そういえば台湾でお茶道具をさがした時も、コウモリと桃の文様をよく見かけました

西洋における吸血鬼の手下?のような扱いとはだいぶ違うようです

このあたりでも、夕暮れ時に散歩すると
川のそばや田んぼの上を(無音で)ヒュンヒュン飛んでいるコウモリの姿を見かけます

実際、民家のそばで困りものの害虫(蚊や蛾や羽アリなど)を食べてくれる益獣(鳥)の側面もあるようです
なんと一晩で500匹も食べちゃうんですって!すごいです

話がだいぶそれましたがこの茶托、五客揃いです

古色が渋い!

b21

約寸(cm) 14.2 × 9.7× 3.4  / 全体重量(g) 623

– – –

(さらに…)

Read Full Post »

上品なたたずまいの銘々皿.

お茶のお道具?

c0

各直径12㎝です

c7

c5

えーと、亦廬山 ・・? わかる方いらっしゃったら教えてくださいませ

Read Full Post »

会期も残すところ週末 金・土・日 の3日間となりました

あたたかいオーガニックのはと麦茶を煎れてお待ちしています
(冷茶よりもぐんと香りがよくて、麦茶と気が付かない方も多いです)

この細長さが珍しい木のテーブル、小椅子の寸法も珍しい

a3

ミシン用ではなく、オルガン用のアンティークな腰掛け

a1

シンガーのミシンヘッドにFUJIの古いフィルムケース

a011

上段の扇風機は初めて見る珍しい形、中段のガラス花瓶はルーマニア製

木製スコップもいい味

a033

水だしコーヒー用

a43

篭も色々あります

a2

オシドリや花の柄が珍しい鉢、上に数点ある陶器は内側だけ釉薬がかかっており用途不明、
ガラスのはめてある木製大箱も用途不明
折り畳み式くけ台には何故か小さな鏡が仕込まれてます

a35

パチンコみたいなのはコリントゲームといいます
振り子時計は精工舎

a36

ナラ材のアンティークな本棚
上にあるのが古いガソリントーチ

a38

古いアメリカ製のガラス瓶、なぜか内部が4つに別れてます
左の不思議な形のものは銅製のプレスした残り. 重いです

a017

珍しい3つ並んだ引出のある机
革張りの長い腰掛けも珍しい寸法です

a6

金属枠の鏡が漆喰壁に映えます
ミヒャエル・ゾーヴァの絵本

a24

薩摩焼きの壷、
大きなハカリ、ちゃんと量れます
後は手のこんだ造りの無双窓

a012

大きな銅のヤカン、有田焼の筆皿・香合
猫好きな方ご覧ください 絵本 「emily」

a009

大きな和文タイプライター、説明書・活版付き

a10

しっかりした金具付き木製箱

a7

ホーローびき?のレトロな体重計
金属羽根のスタンドファン、動きます

a0031

咲きました

a5

角の首飾り、レトロなネックレス 古いハーモニカ、とても小さなソロバン

a4

Read Full Post »

今日はぐんぐん気温が上がって夏日!

風鈴をゆらす風を求めて、四方八方の窓を全開にしました
いよいよもって扇風機の必要な季節になってきましたね

(先日までコタツを使っていたなんてウソのようです)

最近お友だちの紹介で来てくれる方が増えてまして、
うちのような店では口コミってありがたいなーと思います

すてきなお客さんばかりです♪

– – –

さて、今回の入り口はこんな感じ

手前の四角い赤サビ箱は古くて小さな「天火オーブン」です
2段式のトレイになっています

169

手付き竹かごは私が昔編みました~

– – –

畑で使うブリキジョウロ
三尾さんのブタ蚊遣りはまだ出番待ちです

178

大きなスタンドファン、
ハンドル式米研ぎ器にキリンのコップを入れてお花いけてみました

167

透明ガラスのナイフレスト

182

奥の白い陶製の容器は一体何に使われたのかわかりません
液体なのでしょうけれど・・・

– – –

縫製工場で使われた糸巻きを一輪挿しにしました
ミニアイリス

2

– – –

木製コリントゲーム台 (アクセサリーをかけるのに良いって声も♪)
小ぶりなタンス 持ち運びできるように天板に持ち手金具が付いています
大きなトランク かつての船旅用でしょうか

180

今日、ご近所さんが持ってきてくれました
大正時代の森川酒造本家(この家です)の暦

森川酒造暦

Read Full Post »

古い農具、鋤簾(じょれん)にサザンカを生けてみました

f00

「じょれん」 なんて聞き慣れない言葉ですが、
水路に溜まった泥や砂を取り除く専用の道具だそうです

もっと網の目が細かく、レーキのような歯がつくと、
シジミやハマグリを採る”漁具”になります

これで伊勢エビなどすくってみたいものです♪

– –

染め付けは日本の古いもので、お煎茶の湯さまし.
龍の持ち手が中国風で、淡くゆらゆらと牡丹の花が描かれています

Read Full Post »

お問い合せがあったので竹の糸車のご紹介です

b0

1万円
88×30×高さ69㎝ 糸車の直径:約60㎝

スムーズにくるくる回ります

(さらに…)

Read Full Post »

Older Posts »