Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2013年8月

涼しくて綿毛布を出したのが一転、蒸し暑い日です
近づいている台風のせいでしょうか

草取りをしてデイジーと河原撫子の種を蒔きました

ソバと山東菜も蒔きました。。。汗だく。

ようやく実が大きくなりだしたゴーヤをもいで、氷と蜂蜜を入れたゴーヤジュースをごくごく。ぷはー

いつのまにか玉すだれが白い花を咲かせ、水引にかわいらしい赤い点々が.
庭も畑も、徐々に秋の気配です

– – –

今日のおやつ
バジルを摘んでカレー風味のクラッカーつくりました

0

なかしましほさんのレシピを元にアレンジしてます

・ 地粉 100g
・ 塩 ふたつまみ
・ なたね油 大さじ2
・ 水 大さじ1強
・ カレー粉 てきとうに小さじ1くらい
・ バジル 片手の平にのるくらい

地粉と塩とカレー粉、こまかく刻んだバジルをボウルに入れ、手でざっくり混ぜる
なたね油を入れて両手ですり混ぜる
おおきなカタマリがなくなったら水を入れて折り畳みつつまとめる

クッキングシートの上に麺棒で薄く伸ばし、長い定規(洗ってね)で四角く区切り、
魚焼きグリル(網はトル)で様子を見つつ焼く
焼き色がついたら途中ひっくり返す

焼けたら定規の線にそってパキパキ折る

このシリーズ図書館で見つけて、最近のお気に入りです
本当のレシピはこちらをご覧ください

○ まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとクラッカーの本

○ まいにち食べたい“ごはんのような“ケーキとマフィンの本

広告

Read Full Post »

台所に常備している醤油麹がなくなりかけてきたので、新たに作りおきします

醤油麹は塩麹よりも麹くささがなくて、使いやすい調味料.
醤油に甘みと旨味が増してそのままなめても美味しいです

では.

1)、きれいなビンに麹を入れる(醤油を吸って膨らむので八分目まで)

こうじ

(この間1.5キロ仕込んで冷凍してあった生麹使います
いくら冷凍しておいてもさっさか使った方が酵素の活性が良いみたいですね)

– – –

2)、お好きな醤油をひたひたに注ぐ

しょうじこうじ

あとはたまにかき混ぜつつ、常温で数日おいて、米粒がゆるんだらできあがり.

蒸しナス、オクラや刻んだモロヘイヤ、冷や奴、納豆、釜揚げうどんにそのままからめて、水で薄めて素麺つゆに、煮物の仕上げに炒め物のもうひと味に餃子のタレに、

とにかくもうなんにでも使える万能タレです.

これに生の青ナンバン(辛い唐辛子)を刻んで加えれば
三升漬というピリ辛の旨いタレになります
醤油と麹とナンバンの分量は1:1:1でできるから三升漬.

そしてうちの最近の醤油は九州のヤマアさん(松合食品)

鹿北製油さんで油を注文する時、一緒に同梱できます.

一升瓶で買って、真空状態にできる替え栓を使っています.

しょうゆ

味噌・醤油そして麹がある日本に生まれて良かった!

Read Full Post »

アンティークマトリョーシカさんで遊んでみました

はい整列!

7

一番小さな赤ちゃんと女の子

かわいい・・ですよね.ええ.とても個性的な顔立ちなのです.

9

みんなでロシアの伝統的なスカーフ、プラトークをまとっています.

お姉さんとお母さんには渦巻き模様もついてます.

06

女系家族かな~ 前髪が同じなのが家族っぽいです

カラフルな赤い花は南国への憧れ?

00

ロシア語読める方、お願いします

11

Read Full Post »

風立ちぬ 公開にちなみまして、、アンティーク丸眼鏡特集です
(観に行きたし)

a5

古い眼鏡にこんなグリーンのレンズがあるんですねえ

さてはかなりのおしゃれさん?

a6

こちらもけっこう古いものですが、リムレスです.(ノンフレーム・縁なし)
レンズに直接穴をあけるもんで、かっこいいけど弱い。やっぱり片方割れちゃってますね

やわらかく耳に添う、巻きつるが面白いかたちです

巻きつるタイプの眼鏡、今も売っていたらいいのにと思います

a2

こちらは細かい装飾が見どころ.ブリッジとツルでお揃いデザイン

a9 (2)

そういえば、今夜のプロフェッショナルは宮崎駿監督だそうです

a07

スタジオジブリにはこんな隠れた短編もあります 悲しい現代版鳥の人.

 『 On Your Mark 』 曲:チャゲ&アスカ

Read Full Post »

今月は店主のお誕生日があり、すなわち、我が家でビーガンスイーツの試作が強化されるひと月です

玉子もバターも生クリームも、決して食べないってわけじゃないんですけど(むしろ好き)、
まあ家にある素材で作るとビーガン的になります

梨と自家製甘酒のパイ

梨と甘酒のパイ

梨は各務原の山田農園さんの減農薬栽培です
今年はとりわけ甘いみたい

手前は白扇酒造のこぼれ梅を使った生チョコトリュフ
お米のリキュール・みりんが香る大人の味です

お誕生日ひろやん47 043

アーモンド入り、チョコバナナタルト
有機ココアたっぷりで

お誕生日ひろやん47 044

お友だちから一見ワイン(中はトウモロコシ)のプレゼントいただきました
下戸の私たちにはこっちの方が嬉しいかも~

ありがとうございます

マトリョ 164

Read Full Post »

とある所からチケットがひらひらと舞い降りてきまして、
ありがたく頂戴して寄席見物へ行って来ました

店主は人生初!寄席だそうです
(私は姉に連れられて浅草の鈴本演芸場へ幾度か.)

親切にも終演後に演目が張り出されます
あの話ってこういう題だったのねー

可児寄席 139

(さらに…)

Read Full Post »

酷暑が続いている岐阜です

今日は移転先の家探しで、木曽川を渡って川辺町へ.

古い広い民家でしかも借家という条件はめったに不動産やさんでは取り扱わないようで、
やはり地道に探すしかありません

川辺町は土地勘のない所なので
かろうじて知ってる店で涼をとりつつウロウロしてきました

とある路地でとても趣のある家を発見

かっこいいボロ家

屋根からツタが流れ落ち、なんともかっこいい雰囲気です

しかし残念なことに、裏側の屋根がどっかりと落ちてしまっていました
ああ、も少し早くに会いたかった・・(;-;)

(床板や壁など、多少壊れていても自分たちで修理するつもりでいますが、
さすがに雨漏り(屋根)は無理です)

「あとは野となれ山となれ」と言う通り、
家は、人が住まなくなって手入れをしないと瞬く間に緑に飲み込まれてしまう.

とりわけ屋根が傷んで雨が入り込むと、あっという間に朽ちてしまうようです

もったいないことです

– – –

途中、白扇酒造さんへ立ち寄り
3年熟成本みりんのみりん粕(こぼれ梅)を買いました

みりん屋さんでないとなかなか手に入らないみりん粕
お菓子に使うと甘くてしっとりこの上なく美味です

花美倉

紙太材木店さんの敷地にはこぉんなに立派な欅の大木が!

プレートによると樹齢100年以上だそうです

欅

家具工房・ウッドスケッチさんの奥様が始められた
カフェめんどりやさんにもおじゃまして来ました

あたたかみのある木の椅子にテーブル、焼き菓子の香がただよう明るい店内です

冷房、生き返る~

めんどりや

今日は炎天下を軽でゆるゆる動きまわる怪しい二人組でしたが、
家探しをしていることがわかると親切に色々教えてくださる地元の方もいらっしゃって、
本当にありがたい思いです

どこかにご縁が繋がると嬉しいなあ

最後に、keitaさんイチオシの小田巻や鈴木酒店さんにも立ち寄って
あずきの小田巻を2本かじりながら帰路につきました

お腹が減って減って、、夏バテとは無縁のようです

Read Full Post »

Older Posts »