Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2013年2月

実家の薪ストーブがついに逆流し、部屋中ケムリまみれになったとの報が入り
急遽出動して参りました

煙突掃除というと、ついついこの歌が口をついて出ます

改めて見ると、このアニメと全く同じ「掃除ブラシ」を使っていることに気付いて
なんだか感動・・・

まさか大人になって同じ体験をすることになるなんて
予想だにしませんでした

メリー・ポピンズで有名になったこの歌の歌詞は、
イギリスで古くから言われている
「煙突掃除人と握手をすると幸運が訪れる」という話が元になっているそうです

サクランボ(チェリー)や煙突(チムニィ)のch-ch-言葉遊びも楽しい
いい歌ですね

– – –

* 薪ストーブの煙突は、タールが詰まるまで使ってはいけませーん***

広告

Read Full Post »

蒸かしたてのお米。あっちっち

DSCN9964

今日は旧暦のお正月.
絶好のみそ作り、麹日和です!

昨年に引き続き、今年も米麹から作ることにしました

麹づくりは3日も4日もかかる長丁場.
材料持ち込みでプロに作ってもらった方が
絶対に確実だし早いです

それでも作りたいのは
やっぱり育てる過程が楽しいから、なんでしょうね~

麹づくりはダイナミックです
目には見えないけれどちゃんと生きている菌の動きが
かすかな温度の変化を通して
しっかり手応えとして伝わってきます

生きている食べ物を自分の手で作るのは本当に面白い
こんなに面白いことは他にあるまいと思います
(しかも1年後には美味しく食べられるというオマケ付き)

と いうわけで.
庭に簡易かまどを出して羽釜に湯を沸かします

火の番は店主におまかせ♪ どうもありがとー

000

3キロのウルチ米は昨夜から浸水させておき、
1時間かけてよーく水を切ります

浸水させる水は前日から汲み置いて塩素やカルキを抜き、
備長炭を入れてミネラルを補っておきます

木の蒸籠で2段、蒸す時間は40分くらいです

– – –

熱々の蒸し米が人肌に冷めたら、
ほんの少しの種菌を麦こうせんに混ぜて増量し、まんべんなくふりかけます

麦の香ばしい匂いがふわっと立ちのぼります

0

↑ どこかでもらった中日新聞の豆絞りてぬぐいを3枚縫い合わせて、
大判のサラシとして使っています.

包むのに保湿に大変便利.

– – –

こちらが、浅野やさんで分けていただいた
粉末状の種麹菌です

DSCN9665

緑色は豆麹用で、あとで豆味噌づくりに使います
緑の方が菌の性質が強いそうで、
「先に白い米麹用から使ってください」 と教えてもらいました

麹作りには水分を多く含む新米より古米の方が「さばけ」が良く、扱いが楽です
震災前に採れた富加の無農薬米です

2

この後は湯たんぽと発泡スチロール箱、
あるいは炭コタツで保温と保湿をしながら
麹菌の発芽を待ちます

麹と一緒にコタツに入りながら、
ちらちらと温度計を確認するのが幸せな時間です

~明日へ続く

Read Full Post »

来月、本山の 薬草ラボ.棘さん で弥哉の展示会をさせていただきます
その打ち合わせへ行って来ました

00

プレ展示として、
梅にウグイス、桜といった春模様のアイテムを
いくつか置いて参りました
(染め付け小皿、漆塗りの文箱、ミニ和傘などなど)

本展示は3月8日から2週間ほどの予定です
2階のスペースも使わせてもらいます♪

***

せっかく伺ったので、カフェスペースで
パイナップルとココナッツのパウンドケーキ、
赤い苺の添えられた豆乳プリンをいただいてきました

やさしい甘さが棘さんらしいです

Read Full Post »

瑞浪にお住まいの織物作家さんから、
ご自宅で栽培した3色の綿を分けていただきました

DSCN9677

生成り、赤みがかった茶色、柔らかなオリーブグリーン
どれも自然に育ったままの色だそうです

そのまま紡いでざっくりした糸にしたらすてきでしょうね

コットンのTシャツ、ズボンにハンカチ、お布団、シーツなど
綿製品に触れない日はありませんが
元々の植物→ 綿花→ コットンボールにはほとんど馴染みがありませんでした

この春は畑の片隅に綿の種を蒔いてみようかなーと思います

(関連過去記事) : 綿繰り機で、綿花の種とり / 綿くり、くるくる

– – –

ところで、綿よりもずっと古くから日本に根付いていた繊維
<麻>について
WEB上で読める面白い漫画を見つけました

こちら「よのあさ 1」
と、「よのあさ 2」、おすすめです

asa

Read Full Post »

DSCN9903

白い磁器製で下部にコルク栓あり
ラインの装飾があるから実験器具ではなさそう・・・

これ一体なあに?

Read Full Post »

c6

黄瀬戸の菊形小皿 
古いもののようです

揃いの6客組ですが深さや大きさがどれも適当に違ってて
昔はおおらかだったのかなーと思います

ぽってりと、丁寧に金継ぎがしてあります
黄瀬戸の肌は柔らかですね
うす青い釉溜まりがきれいです

Read Full Post »

とりのなん子さんへのお手紙に同封した鳥

DSCN9676

鹿北製油で扱ってる全粒粉小麦でクッキー焼きました
無農薬で天日乾燥しているそうです

キリンのレトロコップで抜いてスプーンで口を書いたけど
なんだかやる気のない顔に・・・?

DSCN9833

Read Full Post »

« Newer Posts