Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2012年1月

今宵 可児市のアーラでアン・サリーのライブを聴いてきました ♪

(うちの店でもCDよくかけてます)

テンポ良く、はぎれ良く、圧倒的な歌唱力!
とても気持ちのよい時間をいただきました

アン・サリーは病院勤務を続けるお医者さん(心臓内科)で、
さらに二児の母として育児をしつつ、
このような音楽活動も続けているという
驚異的なお人です

MCで、ちょっと太めなピアニストの血圧と血糖値を心配していたのが笑えました

できるならこんな慈愛に満ちた歌声を持つお医者さんにかかりたいなあ・・・

知らなかったけれど、ななめ後ろでトランペットを吹いてた飯田玄彦さんは
アン・サリーの旦那さんなのだそうです

なんだかとーってもいい雰囲気をお持ちの方でした 

アン・サリーの歌がなめらかに優しく心に響くのは、
彼女自身が周りの人といい関係を築いているからなのだろうなと思いました

– – –

それにしても、いくら地元とはいえ
異様に知り合い遭遇率の高いライブでしたw

広告

Read Full Post »

以前 木端楽家でいただいた干し柿がとってもおいしくて、
干し柿への認識を新たにした私

ついに我が家でも念願の干し柿すだれを作ることができました

自然の柿なので大きさはまちまち、
ひっかけるT字の枝がついていないため 竹串で刺してます

本当はビニルロープでなく稲ワラに吊したいところ・・・

雰囲気のみならず、干し柿の表面に白い粉がふくのは
稲ワラに住む菌のおかげみたいです

日に日に色が変わっていく様子も楽しく、
期待がふくらみます

今日は午後の一時 アラレ(ヒョウ?)がバラバラと降ってきました

いくら軒下とは言え、お天気模様にも気が抜けません

Read Full Post »

快晴の連休中日、鳩吹山に初めて登りました

我々の山岳ガイドをつとめてくれたのは、鳩吹山をこよなく愛するおにおにです

なかなかキツイ階段が続き、すぐ暑くなりました
ジャケットも手袋もマフラーもとったところ ↓
 

地元に住みながら登ったことのなかった山です

・・・

標高313.5メートル

ようやく登り切ると、気持ちのいい見晴らしが広がります! やったー

美しく雪化粧した御嶽山、白山、中央アルプスが望めます

山頂ではおむすび、お茶、ドライのチェリートマトにオーガニックチョコレートで休息.

休日だけあってグループや家族連れが多く、
中でも小学生たちがタッタカ元気に登っているのが印象的でした

筋肉痛の予感を孕みつつ、今年は体を動かそう!と心に誓いました

Read Full Post »

日付が前後しますが・・・

正月三日、春日井市にある内津(うつつ)神社へお参りしてきました

とても清々しく静謐な境内です

しめ縄や鏡餅などは全て昔ながらの手作りのものが飾られています

裏手には池のある庭園が広がり、奥は東海自然道へと繋がっています

– – –

内津神社の見所は何と言ってもこれ!

社の構造体である 梁(はり) がそのまま、立体的な龍の彫刻になっているんです

大変難しい技術だと思います.

ここ以外では、見たことありません

– – –

偶然にも、空一面 龍のおなかのような鱗雲が.
 
風にのって流れるように進んでいました

こちらで引かせてもらったおみくじ、大吉♪

今年もがんばろー

Read Full Post »

昨年秋、我が家の柿がいつになく豊作だったため
柿酢を仕込んでおきました

洗わずにヘタごとビンに放り込む、という荒っぽいレシピでしたが
順調に変化していって今日ついに濾過.

(といってもザルを通して種やヘタをのぞくだけ)

まろやかでフルーティな柿酢ができあがりました

酸っぱいけれどそんなにツーンとくる刺激がありません
こんなに簡単にできていいの?という感じです

しばらくは加熱せず、菌が生きた状態のまま使ってみたいと思います

柿酢の中にできる、白いぷるぷるしたコンニャク状のものも
食べられると聞いたので
切ってサラダに入れてみました

なかなかイケます

分厚い白キクラゲか、ゆるめの酸っぱいナタデココと思えば近いです

サラダ以外に酢の物も良さそう
ミニボウルいっぱいあるので色々試してみたいです

– – –

この家に来てから このような食の冒険をするようになりました

味噌も梅干しも塩こうじも、

初めてでわけのわからない発酵やら熟成やら、
いくら本を見ても最終的な頼りは自分の味覚・・・

おいしい、と思えば成功です!

Read Full Post »

昨日の続き

中身を取り出した柚子の皮に、
くるみ・赤みそ・すりごま・黒糖・柚子果汁を混ぜた中身を詰めます

ヘタの蓋をしてセイロに並べ
庭の簡易かまどで蒸します

ついでに熾き火で安納芋の焼き芋も仕込み、夕方のおやつに.

風が冷たくても 火の番はあたたかいです

– – –

蒸し上がったら、冷ましてひとつひとつ紙に包み、
吊して干します

しっかり乾燥したら 手作り柚餅子(ゆべし) の出来上がり♪

– – –

おまけ

果汁を絞ったあとの柚子を甜菜糖でジャムに煮て、
きな粉のクッキーに載せました

余った柚餅子の中身ものっけてみたら美味しいです

柚子の種は焼酎に漬けて、化粧水になるとか.
これもやってみました

本当に柚子は捨てるところナシです

Read Full Post »

柚子の中身をせっせとくり抜いています
(コイズミさんの無農薬柚子)

これから何ができるでしょーか?

つづく

Read Full Post »

Older Posts »